ネットで稼ぐ方法を徹底解説!どんな方法があるの?

基本情報
この記事は約7分で読めます。

ネットで稼ぎたい…
そう思っている人は世にたくさんいると思います。

ただ、一言で”稼ぐ”と言っても
そこには色々な方法があります。

どのような方法があるのかを
ご紹介していきます。

※それぞれの詳細解説ページを現在順次作成中です。
 すでに完成しているものは名前を選択することで
 詳しい解説をご覧いただけます。

全てに手を伸ばすことは難しいですし、
稼げる方法もあれば
あまり稼げない方法もあるので、
しっかりと自分に合うものを
見つけていくことが大事になります

クリック報酬型広告で稼ぐ!

一番有名なのは「グーグルアドセンス」でしょうか。
自分で作ったサイトに広告を貼りつけて
それをクリックしてもらうことにより、
報酬を手に入れることができる、というものです。
1クリックあたりの単価は1円~100円程度と低いですが、
たくさんのアクセスを集めることができれば、
大きく稼ぐことができる可能性があるのは事実です。

主なサービスとしては、

グーグルアドセンス

nend

忍者Admax

Fluct

i-mobile

マイクロアド

Criteo(クリテオ)

ADroute

アドステア

AMoAd

Geniee

などがあります
(各ページで詳しく解説していきます)

どれが一番稼げるのか?と言われると
断然「グーグルアドセンス」であり、
次点で「nend」や「Fluct」あたりが来ます。
審査の難易度で言えば「忍者Admax」ですね。

ただし、グーグルアドセンス以外では
まとまったお金を稼ぐのは相当厳しく、
少なくともこのジャンルだけで生活していこうと
考えているのであれば「アドセンス」以外の
選択肢はないと言っても良いでしょう。

アドセンスであっても、それだけで生活していく
レベルに稼ぐことは難しい、というのが
現実ですから、そこはよく覚えておかなくてはいけません。

成果報酬型広告で稼ぐ!

成果報酬型、とは
クリック型広告とは異なり
広告をクリックしてもらって
そのあとに何か買ってもらったり登録してもらったりすると
初めて報酬が発生する、というものになります。

例えば「アマゾンアソシエイト」というアマゾンの賞品
を紹介するものだと、
自分のサイトに貼りつけた商品の広告をクリックしてもらい、
そのあとに、その人が何か購入してくれた場合、
初めて報酬が入る、というものです。

こうなるとクリック型よりハードルが高いと思いがちですが
報酬が高いのもまた、事実です。

主なサービスとしては

A8.net

もしもアフィリエイト

バリューコマース

afb

JANet

マネートラック

アクセストレード

Link-A

リンクシェア

レントラックス

GAME FEAT

アマゾンアソシエイト

駿河屋アフィリエイト

などが存在しています。
稼ぎやすいのは上位4つぐらいまで+アマゾン
でしょうか。



私のおすすめとしては王道の「A8」と
扱いやすい「もしもアフィリエイト」になりますね。

ポイントサイトで稼ぐ!

ポイントサイトで稼ぐ方法も定番の方法の一つです。
広告とは違い、自分のサイトがなかったとしても
稼げる可能性がある、という点は
ひとつの魅力でしょうか。
(サイトがあった方がさらに報酬は増えますが)
アンケートに回答したり、簡単なゲームをプレイしたり
商品を購入したりでもポイントが貰えますが
サービス登録、資料請求、アプリのダウンロード、
友達紹介などが一番効率的には良いですね。

主なサービスとしては

モッピー

げん玉

フルーツメール

すぐたま

colleee

リサーチパネル

ECナビ

ハピタス

ビッコレ

ライフメディア

などになるでしょうか。
あまりにも幅を広げすぎると
手が回らなくなりますから
いくつかに絞るのがおすすめです。

ちなみに、ポイントサイト全般に言えることは
”自分から積極的に動けない人”や
”優柔不断な人”には向いていません、

と、いうのも
かなりの数の項目から”自分で選んで”
ポイントを稼いでいく必要があります。
ブログによる広告配信などのように
明確な目的があるわけではなく
あらゆるジャンルから、自分で選び
行動していかないといけないので
「どれにしようかな」などとなってしまう
人には難しいかもしれません。

クラウドソーシングを利用してお金を稼ぐ

在宅ワークや副業に多く使われている
「クラウドソーシング」。
これを利用して稼ぐ方法ですね。

スキルが必要なモノからスキルが必要のないものまで
多数の仕事が存在しており、
それをこなすことでお金を手に入れる、というものです。

アンケートからデータ入力、記事のライティング(文章入力)から
専門的な知識が必要なものまで
多数の仕事が転がっています。

この方法であれば、ブログなどが必要ないので、
自分で何かを運営せずにお金を稼ぎたい!という人は
この方法も視野に入れてみましょう。

主なサービスとしては

クラウドワークス

ランサーズ

ビズシーク

ココナラ

Shinobiライティング

yahooクラウドソーシング

コンテンツパーク

サグーワークス

スキルクラウド

ママワークス

Repo(ルポ)

などになるでしょうか。
あまり多数登録しても意味がないので
1個か、2個に絞ると良いですね。

迷う場合はとりあえず「クラウドワークス」がおすすめです。

モノを売って稼ぐ

オークションなどで商品を実際に
賞品を売って稼ぐ方法もあります。
この方法の場合はブログなどを用意する必要はありませんが
「売るもの」が手元にないとダメですね。

また、モノを売って稼ぐのであれば
仕入れルートが必要になりますし、
場合によっては古物商の許可などが必要になります。

主な手段としては

〇オークション形式
ヤフオク

〇フリマ形式
メルカリ

〇ネットショップ形式
BASE

STORES

でしょうか。
自前でネットショップなどを作れるサービスもありますが
いきなり誰とも知らない人間がやってる
ネットショップから買う人はいないので、
短期的に考えればヤフオクやメルカリからスタートのほうが最初は楽です。

作品や情報を発信して売ったり、支援を受けとる

小説を書いたり、イラストを描いたり、
あるいは何らかのスキルや知識を売ったり、
ファンから支援を受け取ったり
してお金を稼ぐことも可能です。
ただ、これは、いきなり見ず知らずの人が
「小説を売る!」なんてやっても
売れないのは当たり前です。
ある程度の活動期間と実力、宣伝能力が
必要になりますし、
内容も伴ってなくてはいけません。

小説やイラストなどで稼ぐなら

PixivFANBOX

ファンティア

小説家になろう
※これは、書籍化できないと収入0です。

LINEスタンプ

文章で稼ぐなら、

note

情報商材などで稼ぐなら

インフォトップ

などがあります。

ただ、稼げるに至るまで、
かなり時間はかかるので、注意しましょう

投げ銭系で稼ぐ!

他の人から支援を受け取る
「投げ銭」形式のサービスもあります。
簡単に言えば「恵んでください~!」と言って
恵んでもらう感じが想像しやすいかと思います。

ふわっち

PayPal.me

ただ、誰こいつ?って人が急に
恵んで~!と言っても誰も支援しません。
ある程度の活動実績や知名度が必要になります

クラウドファンディングで稼ぐ

これは本来「稼ぐ」ためではなく、
何かをしたいときに、その資金の調達を目的として
利用するものです。
そのため、これをメインに稼いでいく、というものでは
ありませんが、一つの一時的な収入源として
解説していきます。

キャンプファイヤー

polca

その他

その他の稼げるかもしれない方法について解説します。

オピニオンワールド

Gengo

ツイッター懸賞で稼ぐ

タイトルとURLをコピーしました